占いと天文学の深い関係とは

昔から受け継がれている占いと天文学の深い関係

困ったときに人間が良く頼る占い

私達人間が困ったことがあったときや悩み事など、また将来についての展望が知りたいなどと思った時にお世話になるのが占いですね。
占いは信じる方も信じない方も様々で当たる占い師や人気の占いの種類なども沢山あるようですが、一体占いとはどのくらい昔からあるのでしょうか。
占いの歴史を見てみるとものすごく昔から占いは存在しており、紀元前3000年から紀元前6世紀までの間に占星術という形で占いの原型が確立されたようで紀元前4世紀ごろには一般的に普及していたものといわれています。
他にも占いは種類がありますが大部分は星の動きを観察することによって発見された占星術が元になっているといわれており、すべての占いの元祖は占星術であるとの位置付けが濃いようです。
日本には7世紀ごろに伝わり、当時の学者達の研究によって進化が進み日本独特の解釈で現在も存在する占いの方法がるようです。
その後長い歴史の中で宗教による弾圧などもあったようですが、中世以降の時期からは学者や権力を持った王達などが占星術を特に愛用し重要なことの決定に用いていたという経路があります。
このように占いの歴史を見てみると宇宙の空に誘発された天文学とのとても深い関係が見えてくるように感じます。
実際、古い書物の記述には占星術の始まりは天文学者が発見したものというくだりもあり、占い全体のルーツになっているのではないかと思います。
このサイトでは占いと天文学の深い関係について調べてみたいと思います。