昔から受け継がれている占いと天文学の深い関係

昔から言われている占いと天文学の深い関係とは

悩んだり困ったときは占いに頼む

私たちが悩み事があったり困ったことが起きたり自分の将来や未来のことを知りたくなった時にお世話によくなるのが占いかと思います。
結構信心深い我々は神頼みもしますが占いの結果には結構左右されるもので占いを信じる人は非常に多いですね。
しかも占いはかなり昔からあるものなので信用度も高く、さらには種類も沢山ありどの占い通いのかなどはうわさになりがちです。
では占いとは一体どのくらいの歴史があるのでしょうか。
一説では人類が誕生して文化というものが生まれたときに占いはすでにあったという説もありますし、人類と占いというものはかなり深い縁があるようです。
地球上のすべての土地に占いは存在し、地球の人間すべてがその結果を信じるのですからものすごい影響力が占いにはあると思います。

占いで身の回りや自分の将来の参考にする

現在は科学が相当進歩し、今現在を過ごすには全く苦労のいらない時代を我々は過ごしており、今では他の星に住むことまで近い将来現実になろうとしています。
それでもまだ私達は科学の力では未来のことを予知することは出来ませんし、現実の問題に解決策を出すことも出来ません。
そうして考えると占いに今でも頼る人が存在するというのはかなり大きなことではないかと思います。
地球上ではいまだに重要な決定事を占いで決定する人たちがいますし、ことあるごとに神様や占いに願いを掛ける人も存在します。
これだけ人間に影響力の強い占いというのは我々の意識の中に深く根付いているものなのだと思います。
長い歴史の中でこれだけ人間に崇拝されているのは宗教と占いぐらいではないかと思います。