昔から受け継がれている占いと天文学の深い関係

占いの本来のルーツとは何か

占いとは人類発生の頃からその予兆はあった

では占いとは人類の歴史のいつごろから存在しており、人間の間に広まったのでしょうか。
占いの起こりは非常に古く、紀元前3000年前から紀元前6世紀までのいずれかの時期には宇宙の星の動きに発見を得た占星術という占いの原型がすでにあったといわれています。
さらに紀元前4世紀には東洋や地球全土に占星術は広まり日本には7世紀ごろ伝わったといわれています。
正確には2世紀ごろ古代から伝わる天文学のデータを集大成し、天文学から導いた占星術という占いが形作られたといわれています。
その後徹底的な宗教弾圧に占星術はあいますが、中世後期からは学者や権力を持った国の指導者などが重要な決め事の際荷占いを用いたといわれています。

紀元前5世紀ごろに占星術が広まった

紀元前5世紀ごろには占星術は占いの原型として地球上に広まりその原理は絶対的信用度を誇っていたそうで、当時宇宙は神のいる場所として信じられており、夜空に瞬く星達の動きは神様からのメッセージと呼ばれていました。
しかし時代が進むにつれ科学者達は夜空の恒星たちの動きには規律性がありその進行によって人間の未来が予想可能であるという発見をしました。
それによって天と地と人には相関関係があるという占星術の元になる考えが生まれ、それを体系化したのが占星術として占いの原型に進化していったのです。
そういった経路があって現在の占いは種類が色々ありますがほとんどが占星術の原理に影響されて発生したものであるといわれています。