昔から受け継がれている占いと天文学の深い関係

占いと天文学とはどのようにして深い関係にあるのか

過去の科学者達が研究した占星術

過去、古代の科学者達は毎日夜空を見上げ天空の星達の動きには何か規則的な連動があることに気がつき、ひょっとしたら星の動きは何らかのメッセージがあるのではないかと研究を進め、そのうち恒星の動く周期が季節の移り変わりと連動していることを発見しました。
これが基で今も人類の一年の基準になる暦が発明され、さらに恒星たちの間をさまよう遊星の動きには星座という言葉で関連性が付けられ占星術の完成へと向かっていき、天上の星と人類の運命には同調性があるという占いの原型がここに出来上がったのです。
そして5世紀ごろに占星術の天球図つまりホロスコープを用いた占いとしての占星術が完成します。
これがあらゆる占いの原型となり、多種類の占いの始まりに繋がるのです。

天文学と占いは根本的に結びつきがある

このように占いはもともと天文学から派生した占星術が元になっているので、占いと天文学というのは根本的に深い結びつきがあるのです。
占いと天文学はいわゆる双子の兄弟のようなもので天文学の発達と同時に占星術の進化が始まりそれぞれの学問としての占星術と天文学が誕生し、さらには占星術は占いの基礎を形作るものとなっていくのです。
つまり古代の人々が最初に天上の星達を神のメッセージとして信じるようになりそれを学者たちが学問として分析し、星の動きと地球、そして我々人間との間に深い規律性があることを発見、ホロスコープを発見することによって占星術の基礎を作り、それが現在に存在する占いの基になったということは占いと天文術にはとても深い関係があることが分かります。